カテゴリ:5年生

みかんの味比べ(5年生)

 総合的な学習の時間で、みかん調べが続いています。今日は農園へ移動し、自分が育てている果実の肥大調査です。
  
 学校へ戻ってからは、紅まどんな、かぶす、なんかん20号、ブラッドオレンジの試食をしました。育てる時にマルチをかぶせて大切に育てているそうです。

 3学期には、伊予柑やブラッドオレンジの収穫をします。引き続き中島の自慢、みかんについて勉強していきます。

県学力診断調査(5年生)

 昨日から、県学力診断調査がスタートしています。昨日は、国語と算数でした。
 テストの前に、みんなに向けて校長先生がエールを送ってくださいました。

 今日は、社会と理科のテストがありました。練習の時と比べて無回答率が減り、集中して問題を解いていました。

What would you want?(5年生)

 5年生は外国語の時間に、お店の場面での注文の仕方を勉強しています。
 まず、ALTの先生に好きなものを英語で聞き、オリジナルのパフェをプレゼントしました
 
 後半では、ウェイトレス役とお客さん役に分かれて注文を取り合う練習をしました。
 
 ALTの先生のおかげで、みんな少しずつ英語が上達してきています。これからの勉強も楽しみです。

みかん博士への道(5年生)

 五年生は総合的な学習の時間、みかんについて学習しています。
 今日は久々にみかん農園へ行かせていただき、いよかんやブラッドオレンジの成長の様子を観察しました。10月に観察した時より大きく、実も少し黄色に色づいていました。みかんは気温が下がると、色が変わるそうです。冬の寒さをみかんも感じているようです。

 成長をじっくり観察した後、中生(なかて)の久能みかんと早生の宮川早生の食べ比べをしました。子どもたちは、味覚、嗅覚、触覚などからその違いを学びました。

 その後、中島でいのししの被害を少なくするために行われている、いのししの罠を見せていただきました。罠のワイヤーが閉まる様子を目の当たりにし、子どもたちは驚きの表情を見せていました。

  みかん博士を目指して、これからも引き続きみかんについて学んでいきます。

 

わくわく出前教室(5年生)

 3時間目、わくわく出前教室がありました。わくわく出前教室から講師をお招きして、国語科「白神山地からの提言」の導入の授業をしてくださりました。

 先生は、白神山地に実際に行ったことがあり、その時の写真をたくさん紹介してくださいました。その写真を見ながら、子どもたちはあたかも自分が白神山地に足を踏み入れたような感覚を味わっていました。
 
 これから説明文を読み、自分の立場を明らかにして説明文を書いていきます。先生に教えていただいたこと、白神山地の様子を思い浮かべながら、これからの勉強に励んでいきます。