R4中島小学校日記

高校生と交流をしました

6月30日(木)の3・4時間目に、松山北高等学校中島分校の高校生たちが中島小学校を訪れました。

まず、3時間目にはじゃんけん列車や猛獣狩りのゲームをしました。

猛獣狩りのゲームでは、文字数に合わせて早く人数を合わせたチームは座ることができますが、上手く合わせることができなかったチームは自己紹介などを披露することとなります。

子どもたちは最初は緊張している様子でしたが、気付くと笑顔があふれ、高校生と一緒に笑い合っていました。

そして、4時間目にはドッジボールをしました。

前半は、高校生、1~3年生混合の2チームに分かれて対戦しました。

後半は、高校生対4~6年生で対戦しました。

高校生は迫力のある球を投げて当てていましたが、小学生も負けません。

子どもたちにとっては普段から休み時間によく遊んでいるボール遊びであるため、育んできた力で速い球を投げ、たくさんの高校生を当てていました。

大変盛り上がる試合となりました。

最後には閉会式が行われました。

高校生からの言葉だけでなく、1~6年生も積極的に感想を述べていました。

小学生にとって高校生と関わる機会はとても貴重です。

お兄さんやお姉さんとたくさん遊ぶことができて嬉しそうでした。

またいつか遊べる機会があるといいですね。