ローテーション道徳④

 今日は、ローテーション道徳でした。ローテーション道徳とは、学級担任が受け持ちとは違う学年に入り、道徳の授業を行うというもので、月に1回実施しており、今日が今年度最後でした。
 子どもたちも授業の雰囲気に慣れてきており、先生や友達との関わりを楽しみながら、授業に取り組んでいました。
  
 授業を終えた子どもたちに、ローテーション道徳の感想を聞くと、「いろいろな先生方と話し合うことができて楽しかった!」「これからもやりたい!」という声がたくさん聞こえてきました。来年もぜひ、取り組みたいですね。